ダンボールを使ってオリジナル家具作りをしてみませんか

この記事をご覧のみなさんの家には、どのくらい小物があるでしょうか。
小物と言っても、アクセサリーや一般的に「雑貨」と言われるようなものだけに限らず、文字どおり「こまごまとしたもの」すべて、という意味です。
「これを集める」という意志を持って、一定のものだけをコレクションしている人というのは、意外に余計なもの、コレクションの対象から外れるものは買おうとしないので、たくさん物を持っている割には部屋が片付いていることが多いです。
しかし、特に特定の何かを集めているわけではないけれど、なんとなく可愛いものや気に入ったものを色々買ってしまいがちだという人は、多くの小物で部屋が雑然としてしまいがちなのではないでしょうか。
そんなときにおすすめなのが、ダンボールで作るディスプレイケースです。
ディスプレイケースとは言っても、よくコレクターの人が自分のコレクションを美しく見せるために使っているガラス張りのケースのような、かしこまったものではありません。
自分の部屋にあるものをジャンル別にわけつつ、きれいに並んでいるように見せることが出来る、小さな箱のようなものです。
詳しい作り方は、今はインターネット上のウェブサイトなどにも載っていますので、そういったページをご参考にされるといいでしょう。