ダンボールを使ってオリジナル家具作りをしてみませんか

子どもは読み聞かせが大事ですよね。
そこで、たくさんの本を買ってあげたいのですが・・・
困るのは、増えていく本の収納場所ですよね。
みなさんならどうしますか?

「大人の本や雑誌と一緒に収納するのもなんか・・・」
「それにもう大人の本棚は、いっぱいで入らないし・・・」
「せっかくだから、子ども部屋に子どもの本は置きたいしな・・・」などなど、いろいろな気持ちがあるかと思います。

かといって、「わざわざ、子ども用に本棚を購入するのもなんかなあ・・・」そう思っている方もいるかと思います。
そんなとき、子ども用の本棚を自分で作ってみませんか?
今は簡単な家具など、ご自身で手作りする方が増えてきましたよね。
節約にもなりますし、自分の好きなカタチの家具を作れることがメリットと言えるでしょう。
世界でたった一つだけの家具です。
ぜひ、あなたもこだわりの家具作りに挑戦してみませんか?

基本的な作り方は簡単!
まず、用意するのはダンボール。
そして、そのダンボールを好きな大きさにカットするだけです。
最後に、ダンボールのままでしたらちょっと・・・なので、かわいく包装紙などを貼ってあげれば完成です。
包装紙は、100円ショップなどで、準備できますよね。
ということで、材料費は100円。たった100円です。

そのほか、仕切りなどを作ったりしてもいいですよね。
いろいろなアイデアを考え、楽しんで作ってみてはいかがですか?

ゴミ箱はゴミを捨てるための物です。
ゴミを毎日捨てると、ゴミ箱の周りが汚れてくることがあります。自宅でゴミ箱を使う場所は色々とあります。
台所やリビング、自分の部屋、トイレや洗面所など、自宅の中を見回すと結構ゴミ箱の数は多いものです。ダンボールを利用してゴミ箱を作ると色々と便利なことがあります。ゴミ箱は汚れやすいですが、ダンボールを使って汚れた場合はそのままゴミと一緒に捨てることができます。
そして、新しいゴミ箱をまたダンボールで作ると何度でも無料でゴミ箱を用意することができます。
ダンボールでゴミ箱を作る場合、一つ大きなメリットとしては、自分の好きなサイズのゴミ箱を作ることができる点があります。市販されているゴミ箱はそれぞれ大体のサイズが決まっています。
家庭によっては、そのサイズで大きすぎたり、小さすぎたりと、使い勝手が悪い場合があります。
ダンボールでオリジナルのゴミ箱を作れば、サイズの微調整を簡単にすることができます。ゴミ箱は大きければそれだけゴミを溜めることができるので便利です。しかし、ゴミ箱を置く部屋によっては、大きすぎても邪魔になるものです。
自分の生活の中でほどよいサイズのゴミ箱があれば、とても快適な生活をすることができます。ダンボールを使うので、見た目も自分の好きなデザインで作ることができます。

ダンボールを使ってCDや本を収納するための棚を作ると、自分だけのオリジナルのアイデアを詰め込んだ作品を作ることができます。
CDや本を収納するためには、それなりに大きな棚を作らなければなりませんが、ダンボールを使えばとても簡単に作ることができます。
まずダンボールを用意しなければなりません。
ダンボールは、何かの商品を購入したときの空き箱を利用したり、スーパーや酒屋さんなどに行くと無料でダンボールをもらうことができます。
必要なだけのダンボールを用意して、他にはカッターナイフなど、自宅にある道具だけで作ることができます。
ダンボールで棚を作るときに重要なことは、完成のイメージを作り上げることです。
適当に棚を作っても、すぐに飽きてしまうこともありますし、使い勝手が悪ければ、後々捨てることにもなります。
どのような形にするのか、見た目をどのようにオシャレにするのかなど、色々な工夫をすることで、完成した棚に愛着を持つことができます。
CDや本を収納する棚を購入すると結構値段が高い場合も多いです。
ダンボールを使えば費用は格段に安くなりますし、今後の生活でCDや本の数が増えた場合でもダンボールを利用すれば、新しい棚を簡単に作ることもできます。色々なアイデアを考えて上手く作ってみると良いです。

自分の部屋のインテリアを、ちょっと個性的にしたい!という場合には、ダンボールでオリジナル家具を作成してみてはいかがでしょうか。

ダンボールで家具を作る、と聞くと、え?と驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。本当に使えるのか?と不安に思ってしまうこともありそうです。が、今のダンボールは強度の強いものもありますし、何枚も重ねることで、「収納家具」や「ベッド」も作れるような素材になるんですよ。
ダンボールでオリジナルの家具を作る魅力は、「手軽に自分の好きなように作ることができる」という点になります。
が、「初めてでどのように作ったらいいのかわからない」という場合には、手軽にダンボール家具が作れる「キット」を購入してみるのも良いかと思います。ダンボールを組み立てるだけで、ダンボール家具を作成することができる、という手軽なものも多く販売されているので、手軽に利用できるでしょう。
一つ作ってみると、「次はもっとこうしてみたい!」と思うのもダンボール家具の魅力です。収納家具やテーブル、子供のためのダンボールハウスなどが人気です。「こうしなければいけない」という決まりがあるものではないので、自分の満足できるものに仕上がるまで、あれこれとカスタマイズできるのも、ダンボール家具の魅力ですね。慣れてきたら、色やデザイン性にこだわってみるのも面白そうです。

身近にあるダンボールを使って、自分好みの家具を作る!という方も増えてきています。木で家具を作ろうとすると、かなり手間もかかりますが、カットも接着も簡単なダンボールを利用することで、家具作りも手軽に楽しむことができます。
オリジナルの家具作りをしたい!と思った時に、おすすめなのが、子供用の家具です。子供用の家具は、やはり通常のものよりも小さめのものが、子供にとって使いやすいものです。が、すぐに大きくなることを考えると・・わざわざ小さめのものを購入するのも「もったいない」と感じてしまうんですよね。だったら、自分で作ってしまいましょう。
自分で作る場合、小さいものは初心者でも作成しやすいです。子供用のテーブルやクローゼットなどの収納家具がおすすめです。強化ダンボールを使うことで、強度もしっかりとしたものが作れるでしょう。
子供用の家具をダンボールで作ると、「軽いので子供自身の力で運ぶことができる」というメリットがあります。また、使用しなくなった時の処分も簡単です。子供がどんなに汚しても、「まぁダンボールだから・・」と思えるのもメリットと言えるのではないでしょうか。また、安いダンボールを素材とすることで、少ない予算で家具を作ることも可能となります。限られた期間、思いっきり使ってもらうために、ダンボール家具はおすすめです。